人工芝の上でBBQは事前に対策すれば可能!対策方法を詳しく教えます。

芝生のある庭でバーベキュー、憧れますが人工芝の場合は注意が必要です。
人工芝が痛んだり汚れたりする原因になるので、一般的に人工芝の上で火を使う行為はNGとされています。
しかし、対策さえすれば人工芝の上でもバーベキューを楽しむことが可能です。

この記事では人工芝の上でバーベキューをする際の対策方法をご紹介します。
準備さえすれば人工芝を痛ませることはないので、バーベキューをする際はぜひ実践してください!

人工芝の上でBBQが推奨されていない理由

人工芝の上でバーベキューをすることは、正直あまりおすすめできない行為です。
なぜなら人工芝はポリエチレンやポリプロピレンといった、プラスチックから作られています。
そのため炭の火の粉が人工芝に落ちてしまうと、その部分が溶けて黒く固まってしまいます。
人工芝は燃えにくいように作られているため火災の心配はありませんが、青々とした芝生の一部分が黒くなっていたら見た目はかなり悪いです。

また、油がはねて人工芝を汚してしまった場合、そのままにしてしまうと芝生を傷めてしまう他、靴や服を汚す原因になります。
人工芝は洗えることが魅力ですが、油汚れは水洗いでは落ちないので洗剤とデッキブラシを使う必要があり、手間がかかります。

以上のように人工芝を傷める・汚す要因になるため、人工芝上のバーベキューは推奨されていません。
ただし、対策をすればリスクを抑えることは可能です。

対策を行えば人工芝の上でもBBQは可能!対策方法まとめ

人工芝の痛み・汚れを防いでバーベキューをするには、次の対策をしましょう。

  • 防火シートの上でグリル・コンロを使う
  • 脚の高いグリル・コンロを使う
  • ガス式グリル・コンロを使う
  • タイルテラスや駐車スペースを利用する

それぞれ詳しく説明します。

耐火シートの上でグリル・コンロを使う

バーベキューグリル・コンロは耐火シートの上で使うようにしましょう。
耐火シートとは、その名の通り火に強いシートです。
バーベキューグリル・コンロの下はかなり高温になるので、直接火の粉が飛んだり炭を落としたりしなくても、グリル・コンロの下の芝が溶けてしまう可能性があります。
耐火シートを敷けば熱が下に伝わらないので、人工芝へのダメージを抑えることができます。
もしも炭を落としてしまっても、シートの上なら人工芝は燃えないので安全です。

脚の高いグリル・コンロを使う

バーベキューグリル・コンロは高温になるので、人工芝からなるべく離しましょう。
そのために脚の高いグリル・コンロを使うのがおすすめ。
火の粉には注意しないといけませんが、真下の芝へのダメージを抑えることができます。
もしくはテーブルに置いて使う卓上グリル・コンロがおすすめです。
テーブル上なら油が人工芝に落ちてしまうことも防げますし、ゆったりくつろぎながら焼くことができます。
バーベキュー用にグリルとテーブルがセットになったものも売られているので、これからコンロを買う予定の方はそちらもチェックしてみてください。

ガス式グリル・コンロを使う

炭を使うとどうしても火の粉が舞ってしまいます。
また炭を移動させるときに誤って芝の上に落としてしまう、という可能性もあります。
こういった被害を防ぐには、思い切ってガス式のグリル・コンロを利用するのも手です。
炭火焼きの魅力はなくなってしまいますが、火おこしの準備や後片付けの手間がないので楽にバーベキューをすることができます。
炭を利用しなければいいので、ガス式の他に電気式もおすすめです。
芝の上に飛んでしまった油は掃除しなくてはなりませんが、火の粉で人工芝が溶けてしまうことは防ぐことができます。

タイルテラスや駐車スペースを利用する

これから人工芝を敷く予定の方は、タイルテラスを作ることをおすすめします。
食べるのは人工芝の上、焼くのはタイルテラスの上、と場所を使い分けることで人工芝へダメージを与えずにバーベキューを楽しめます。
また、芝の上よりもグリル・コンロを安定して置けるので安全性も高いです。
タイルテラスは見た目もよいので、バーベキューをするだけでなく普段からおしゃれな庭を楽しむことができます。
タイルテラスでなくても、人工芝の上でグリル・コンロを使用しなければいいので、駐車スペースなどコンクリートの上で使用すると良いでしょう。

BBQで人工芝を汚してしまった場合の対策

対策をしっかりしていても、うっかり人工芝を汚してしまうことがあると思います。
飲み物や食べ物をこぼしてしまった場合は、濡らした雑巾で拭けばOKです。
ただし油汚れの場合は水拭きではきれいにならないので、中性洗剤を付けて拭きましょう。
範囲が広ければデッキブラシと洗剤で丸洗いしてしまって大丈夫です。

汚れはリカバリーできますが、人工芝が焼けたり熱で溶けてしまったりした場合、特にロールタイプの人工芝は対処の方法がありません。
よって、事前の対策が肝心です。
もしくは、ジョイントタイプの人工芝ならその部分だけ取り換えるということができるので、バーベキューで使う場所だけジョイントタイプにするという方法もあります。

人工芝でBBQをするならしっかり対策を!

人工芝でバーベキューをする際の対策方法をご紹介しました。
リスクはありますが、対策をきちんと取っていれば人工芝でもバーベキューをすることは可能です。
対策を取らないときれいな芝生が台無しになってしまうので、必ず今回ご紹介した対策をしてバーベキューを楽しみましょう!

人工芝の施工会社の中でも特にお客さんからの評判の良い業者をランキング形式でご紹介。

  • 人工芝の品質、施工技術
  • 安さ、コストパフォーマンス
  • 施工実績
  • ユーザーの口コミ

など様々な観点で格付けしています。

人工芝施工おすすめ会社ランキングを見る